▼Adobe AIRメモ▼
AIR


AIR
AIR(Adobe Integrated Runtime)」(コードネームApollo)とは、Adobe社が開発中のFlash技術を利用したデスクトップアプリケーションの実行環境。

Flashとの違いは、WEBブラウザに束縛されず、 デスクトップのハードディスクへのアクセス、クリップボード、ドラッグ&ドロップ、拡張子登録といった機能を利用できる点。Flashだけでなく、HTML/JavaScript/CSSやPDFも動作する。フルスペックのHTML/JavaScript/CSSに対応しているため、Ajaxのページも表示可能。

OSに依存しないデスクトップアプリケーション実行環境としては.NetとJavaもあるが、.Netは事実上Windowsのみしか対応してなく、Javaはランタイムのインストールがユーザーには敷居が高いという欠点がある。それに対しAIRはWindowsとMacとLinuxに対応し、ランタイムのインストールも豊富なAdobe製品に組み込むことにより、容易だと思われる。

開発ツールにはコマンドラインベースの「Flex 3.0 SDK」(無償)とEclipseベースの「Flex Builder 3」(有料)がある。


ベースとなる技術
Flash/Flex
HTML/JavaScript/CSS
PDF

AIRアプリケーションの種別
ベース 対象者 開発ツール
プログラムベース ActionScriptベース ActionScriptプログラマ
Javaプログラマ
C#プログラマ
Flex Builder 3
Flex 3 SDK
デザインベース MXMLベース (RIAの)Flex技術者 Flex Builder 3
Flex 3 SDK
HTMLベース Ajaxプログラマ
ホームページデザイナ
Aptana+AIR SDK+AIR Plugin for Adobe AIR support
Dreamweaver C3+AIR Extension for Dreamweaver CS3
Flex 3 SDK
Flashオーサリングベース Flashデザイナ Flash C3+AIR update for Flash CS3


情報源


リンク
情報 ブログ
APIリファレンス akihiro kamijo
Adobe AIR Flex Coder
Adobe Labs [Z]ZAPAブロ〜グ2.0
AIR Wiki てっく煮ブログ
AIR Forum -
ActionScript 3.0メモ -
Pocket Guide(翻訳) -


Adobe AIRプログラミングガイド サポート情報


書籍「Adobe AIRプログラミングガイド」は「Adobe AIR beta 2」を元に解説していますが、
2008年2月現在「Adobe AIR 1.0」がリリースされており、
仕様や開発方法に多々変更点があるので、Chapter毎の変更点について追記します。




サンプルプログラムのダウンロード(6MB)
(Adobe AIR 1.0対応 最終更新日 2月25日)


チュートリアル




サンプルプログラム


ActionScriptによるAIRプログラム AIR API Ext JSによるUIプログラミング AIRによるゲームやツールの作成



−戻る−