1. 競馬のお時間 >
  2. 我が一口馬主人生 >
  3. ヴィグラスファイア
ヴィグラスファイア

牡・鹿毛・2015年2月6日生

生産者/久井牧場
美浦・萩原清厩舎

*サウスヴィグラス

 1996年 栗毛 (米)
End Sweep

 1991年 (米)
Forty Niner

 1985年
Mr. Prospector
 1970年
Raise a Native
Gold Digger
File
 1976年
Tom Rolfe
Continue
Broom Dance

 1979年
Dance Spell
 1973年
Northern Dancer
Obeah
Witching Hour
 1960年
Thinking Cap
Enchanted Eve
Darkest Star

 1989年
Star de Naskra

 1975年
Naskra
 1967年
Nasram
Iskra
Candle Star
 1967年
Clandestine
Star Minstrel
Minnie Riperton

 1974年
Cornish Prince
 1962年
Bold Ruler
Teleran
English Harbor
 1957年
War Admiral
Level Sands
ハッピーメール

 2008年 鹿毛 (新ひだか町)
キングカメハメハ

 2001年 鹿毛 (早来町)
Kingmambo

 1990年 (米)
Mr. Prospector
 1970年
Raise a Native
Gold Digger
Miesque
 1984年
Nureyev
Pasadoble
*マンファス

 1991年 黒鹿 (愛)
Last Tycoon
 1983年
Try My Best
Mill Princess
Pilot Bird
 1983年
Blakeney
The Dancer
ビバムールフィユ

 2002年 黒鹿 (静内町)
*サンデーサイレンス

 1986年 青鹿 (米)
Halo
 1969年
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
 1975年
Understanding
Mountain Flower
*ビバムール

 1992年 黒鹿 (愛)
Caerleon
 1980年
Nijinsky
Foreseer
Muffitys
 1982年
Thatch
Contrail

近況
2017/6/18
 阪神5R 2歳新馬戦 (ダート1200m)に出走。鞍上はデムーロ。

 結果は惜しくも2着。

 東京の新馬戦でデビュー予定だったが、抽選で非当選だったため阪神でデビューすることとなった。それでもデムーロを確保できたのは大きい。

 道中は中団に待機して、直線でものすごい脚で上がってきたが、先に抜け出したゴールドクイーンも止まりそうになかった。

 勝ち馬には3馬身差を付けられたものの、どうにか2番手のマッスルマサムネには追い付いて並んだところがゴール。微妙だったがどうにか2着を確保した。デムーロのような追える騎手で良かった。

 今回は輸送などもあって厳しい戦いだったが、関東に戻ると期待できそうだ。


 馬名が決定しました。ヴィグラスファイアです。意味由来は「父名の一部+炎。炎のような熱い走りに期待して」だそうです。4/12に入厩しているので、早い時期にデビューできそうです。
 シルクの追加募集で募集された馬に出資しました。父サウスヴィグラス、母父キングカメハメハでMr.Prospectorの4×4のクロスを持つといういかにもダートの短距離で走りそうな馬だ。サウスヴィグラス産駒は主にダート短距離で穴を開けてくれることが多いので、私がよく馬券を買う注目種牡馬である(まあ一口馬主出資者としては配当は関係ないので人気になりにくいということはプラス材料とはならないが)。

 サウスヴィグラスといえばグランド牧場が所有している種牡馬であり、グランド牧場の生産馬を始めとして新ひだかの馬によく付けられている。シルクというよりもむしろユニオンにいる血統だ。ユニオンではなくシルクでサウスヴィグラス産駒を持つこととなったが、頑張って欲しい。ダート馬はユニオンに任せてシルクでは芝で走りそうな馬を狙おうかと思っていたのだが、この世代はユニオンの馬には(これを書いている時点では)出資しないので、ダートで活躍してくれると嬉しい。


もどる