1. 競馬のお時間 >
  2. 我が一口馬主人生 >
  3. ブルーヘヴン
ブルーヘヴン

牝・黒鹿毛・2014年3月31日生

生産者/グランド牧場
美浦・伊藤圭三厩舎


写真はユニオンオーナーズクラブ様ご提供のものを使用させていただいております。

*パイロ

 2005年 黒鹿 (米)
Pulpit

 1994年
A.P. Indy

 1989年 (米)
Seattle Slew
 1974年
Bold Reasoning
My Charmer
Weekend Surprise
 1980年
Secretariat
Lassie Dear
Preach

 1989年
Mr. Prospector
 1970年
Raise a Native
Gold Digger
Narrate
 1980年
Honest Pleasure
State
Wild Vision

 1998年
Wild Again

 1980年 (米)
Icecapade
 1969年
Nearctic
Shenanigans
Bushel-n-Peck
 1958年
Khaled
Dama
Carol's Wonder

 1984年
Pass the Tab
 1978年
Al Hattab
Dantina
Carols Christmas
 1977年
Whitesburg
Light Verse
*ローズカーニバル

 2000年 芦毛 (米)
Silver Deputy

 1985年 (米)
Deputy Minister

 1979年 (加)
Vice Regent
 1967年
Northern Dancer
Victoria Regina
Mint Copy
 1970年
Bunty's Flight
Shakney
Silver Valley

 1979年
Mr. Prospector
 1970年
Raise a Native
Gold Digger
Seven Valleys
 1972年
Road At Sea
Proud Pied
Minden Rose

 1992年
Mr. Prospector

 1970年 (米)
Raise a Native
 1961年
Native Dancer
Raise You
Gold Digger
 1962年
Nashua
Sequence
Winning Colors

 1985年
Caro
 1967年
Fortino
Chambord
All Rainbows
 1973年
Bold Hour
Miss Carmie

近況
2017/3/20
 中山1R 3歳500万以下(ダ1800m)に出走。鞍上は田辺。

 結果は15着。ブービーに大差を付けられてのビリだった。

 押して先団につけようとしたが、前に馬に入られると、完全に行き脚がつかなくなりずるずる後退し、向正面では大きく離れた最後方となり、そのまま直線でも最後方のままゴールした。

 田辺騎手のコメントによると「大きく離されてからは普通に走っていましたし、相当砂が嫌なんでしょうね。今日の感じだと砂を被るのを慣れさせるのはかなり難しそうですし、芝に行くしかないですかね」とのことだ。 パイロ産駒はダートのイメージが強いし、まして生産グランド牧場・伊藤圭三厩舎といえばダートの方がはるかに合ってそうなのに。

 勝ち上がりはユニオンにしては早かったのだが、500万条件では現時点で全く勝負になっていない。単なる早熟なのだろうか?


2016/12/4
 中山1R 2歳500万以下(ダ1200m)に出走。鞍上は木幡巧也。

 結果はビリから2番目の12着。ビリではなかったがタイムオーバーだった。

 スタートは悪いわけではなかったがいつもの様な行き脚は付かず。途中から上がっていったが3角あたりで急に逆噴射して大幅に後退し最後方へ。故障発生かと心配になったが、最後まで走り続け1頭は交わした。
 騎手コメントによると「3コーナーで砂を被ったところで、急に頭を上げて進んでいかなくなって…。一瞬故障かと思ったので止めようとも思ったんですが、歩様はおかしくなかったので、そのまま進めました。」とのこと。
 今まではテンからハナに行くレースだったので、レースで砂を被ったのは今回が初めてでビックリしたのだろう。能力はあるのだが精神面ではまだまだ課題が多い馬だ。

 経験が浅い騎手の油断騎乗の様にも思えるが、もし本当に故障だった場合にそのまま走らせてたらもっと悪い結果になっただろうからこれはしょうがない。


2016/9/17
 中山7R 2歳未勝利(牝) (ダ1200m)に出走。鞍上は戸崎。

 距離が短くなるのはプラスだし、外枠有利な中山ダート1200mで外枠を引いたので期待したら、見事に勝利!1番人気に応えた。

 スタート後しばらくは4頭ぐらいでハナ争いをしていたのだが、しばらくして抜け出し単騎逃げに。4コーナーを周って直線に入るとさらに抜け出して独走態勢となった。最後に後方にいたトロピカルスパートがもの凄い脚で迫ってきて、私が見ていた位置からだと「抜かれるかも」と思ってひやっとしたが、セーフティーリードを取っていたこともあり、2馬身差の快勝だった。

 距離短縮が功を奏したようにも思えたが、戸崎騎手のレース後のコメントによるともう少し距離が伸びても大丈夫とのこと。今後の活躍が楽しみだ。


2016/8/28
 札幌5R 2歳新馬 (ダ1700m)でデビュー。鞍上は武豊。

 この前週芝の新馬戦でデビュー予定だったが、予定していた武豊騎手が騎乗停止となり、また、ダートのほうが良いだろうということでここでデビュー。
 気がついたら1番人気になっていた。期待して札幌まで観に行ったが、結果は3着。

 スタートは良かったが、かかってしまい、クビを上下に大きく揺らしながら逃げる。最初のカーブも単騎逃げなのに内を開けており逃げ馬の利を活かせず。道中は大逃げだったが4コーナーで捕まってしまった。
 しかし、そのまま馬群に沈むのかと思いきや3着にはどうにか粘ったので力はあるだろう。2着馬に10馬身差を付けられて、4着馬には真後ろまで迫られたが、どうにか3着は確保。
 気性さえ改善できれば勝ち上がれるだろう。鞍上の武豊騎手のコメントにもあったが、距離は1200m〜1400mの方が良いと思う。


 馬名が決定しました。ブルーヘヴンです。
 サザンオールスターズの曲の名前を真っ先に思い出したのだが、薔薇の品種の名前だそうだ。母の名に因んで。幻の青いバラと言われる品種だそうである。
 2年ぶりに復活したグランド牧場の馬であるが、抽選になるだろうから早めに押さえておいたスズカエルマンボの14に続き、もう1頭の馬にも出資することとした。1歳夏に牧場見学に行った時に馬体が良さそうだったし、他の見学者の間でも評判だった。値段も手頃でパイロの産駒は意外と活躍しているので、期待して出資することとした。ダートでコツコツと稼いでくれる馬になると思う。厩舎は実家がグランド牧場の伊藤圭三厩舎の予定。


もどる