Share
  1. 競馬のお時間 >
  2. そこに馬がいるからだ >
  3. 牧場見学記'17(矢野牧場&グランド牧場)

牧場見学記'17(矢野牧場&グランド牧場)

17/9/1

 先日(2017年8月18日)、静内に牧場見学に行ってきた。前日門別競馬場でクイーンマンボがブリーダーズゴールドカップに出走したので現地観戦に行き、前回の牧場見学時と同じ静内エクリプスホテルに泊まって、静内にある牧場を見学してきたのである。

 見学したのは矢野牧場グランド牧場の2ヶ所である。ユニオンオーナーズクラブを経由して申し込んだのだが、矢野牧場は今回が初めての見学だ。グランド牧場は2年ぶり3度目の見学である(前回のグランド牧場見学記はこちら)。

 朝、ホテルを出て最初に向かったのは真歌にある矢野牧場だ。矢野牧場の入り口には板でできた白い門があるのだが、その門の前で車を止めると数秒後にセンサーが反応して自動で扉が開いた。自動ドアになっているのである。事前に牧場への行き方をクラブに問い合わせしたときに聞いたので自動ドアだということがわかっていたが、予備知識がないと車を降りて手で扉を開けようとしたところだった。その扉を抜けてしばらく行くと厩舎などの建物があったので、牧場の人の指示に従い厩舎の横に車を停めた。

 矢野牧場の見学を申し込んだのは、シルクで出資しているローズカスケイドの妹であるローザミスティカの16がいるからである(ローズカスケイドは矢野牧場生産ではないが)。しかし、ローザミスティカの16は怪我のため休養しており、見学はできなかった。そこで残りの募集馬2頭を見せていただいた。両頭ともにディープインパクトの近親である。

プレザントブリーズ16 プレザントブリーズ16正面
プレザントブリーズの16

 プレザントブリーズの16(父ノヴェリスト)。母のプレザントブリーズはディープインパクトの姪でユニオンの所属馬だった。つまりこの馬もディープインパクトの近親である。兄のプラチナヴォイスはオープン勝ち馬だが、ドイツ血脈の種牡馬を付けたこの馬はそれがどう出るかが鍵だ。


スターズインハーアイズ16 スターズインハーアイズ16正面
スターズインハーアイズの16
 スターズインハーアイズの16(父オルフェーヴル)。母のスターズインハーアイズはディープインパクトの妹。この馬はディープインパクトの姪にあたる。上のプレザントブリーズの16の叔母でもある。父が三冠馬で母が三冠馬の妹という夢の配合。上の馬よりもディープインパクトにより近いだけあって良さげに見えた。父は気性が激しかったが、牧場の人の話では気性も問題ないとのこと。上の馬よりも高いが、血統の良さを考えるとコストパフォーマンスはあるかも。

 午後はグランド牧場を見学の予定だが、予定時刻まで時間があったので「せっかくレンタカーを借りたんだから元を取るぞ(笑)」という勢いでその辺をドライブした。日高の海沿いの道を車を飛ばして東静内のあさり浜ドライブインに行き、名物のえび天丼(えび4本入り)を食べた。しばらく海を眺めながら休んだ後、やや内陸(?)に行き、数々の牧場が連なっていて「これぞ馬産地」という光景の旧静内町をドライブ。天気が良かったこともあり、なかなか快適である。

 午後からは真歌のグランド牧場へ。以前は午前中にこの牧場を見学したのだが、見学可能時間帯が13:30〜となっていたので13:30から見学である。前日門別でブリーダーズゴールドカップが行われ、この牧場生産のクイーンマンボが出走したこともあり、私以外にも何人か見学者がいて一緒に見学した。一緒に見学した人の中には前日門別競馬場で一緒にクイーンマンボの応援をした方もいた。

 事務所の前で待っていると、何頭かの馬が牧場員に牽かれて厩舎から放牧地に移動した。その時に馬を牽いている牧場員の中に女性がいたのだが、他の見学者の方が言うにはその人が伊藤圭三調教師の娘さんだそうである。「確か角居先生の息子さんもここで働いているんですよね」と言ったら、その隣にいるのが角居調勝彦教師の息子さんとのこと。奇しくもグランド牧場生産の1歳馬で出資が決定しているのは伊藤圭三厩舎と角居厩舎に入厩予定の馬なので、その2人の調教師の子供がグランド牧場で働いているということになる。(ちなみに伊藤圭三師は前社長の息子で現社長の弟、角居師は元職員。)

フレンチリヴィエラ16 フレンチリヴィエラ16正面
フレンチリヴィエラの16

 フレンチリヴィエラの16(父ヴィクトワールピサ)。見学時点ですでに出資済みの400口募集馬。同牧場生産の重賞馬であるサンビスタクイーンマンボと同じ角居厩舎に入厩予定。5月生まれなのでやや小さめだったが、高いだけあって(笑)素晴らしい馬体だった。強いオーラも感じられ、大活躍が期待できる。サンビスタの4倍の値段なのでサンビスタほどのコストパフォーマンスがあるかどうかはわからないが。


プレシャスジェムズ16 プレシャスジェムズ16正面?
プレシャスジェムズの16
 プレシャスジェムズの16(父ジャスタウェイ)。見学時点ですでに出資済みの馬。母もユニオンで活躍した馬で、母と同じ伊藤圭三厩舎に入厩予定。ユニオンの先行募集の時点で人気があった馬である。オープンで活躍した母同様に恵まれた馬体であり、期待できそうだ。

 グランド牧場真歌ステーブルにはユニオンで募集されている1歳馬はあと2頭いるが、OCD手術後のため厩舎からは出せずに厩舎内での見学となった。

スズカエンジェル16 ダッシングハニー16
スズカエンジェルの16ダッシングハニーの16

 アースエンジェルの妹スズカエンジェルの16(父ヴィクトワールピサ)とラブミーチャンやダブルスターの妹ダッシングハニーの16(父ゴールドアリュール)。


 真歌に繋養されているユニオンの1歳馬は以上の4頭だが、グランド牧場にはもう1頭ディープインパクト産駒が静内神森にあるハーモニーファームで繋養されている。その馬を見るために牧場の方に先導してもらってハーモニーファームに移動した。

アドマイヤアモーレ16 アドマイヤアモーレ16正面
アドマイヤアモーレの16

 アドマイヤアモーレの16(父ディープインパクト)。今年のユニオン募集馬で最も募集総額が高額な400口募集馬。ディープインパクト産駒だけに立派な馬体をしていて、動きも良かった。ただし、ディープインパクト産駒だけあって高い(笑)。

 今回は1歳の募集馬のみの見学だった。前日門別で出走したクイーンマンボは、牧場に戻ってきているのかどうかも聞きそびれた。申込時にクイーンマンボの見学も申し込んだら断られたが(そりゃ1週間以上前だと普通断るよな)。前回の見学時はサンビスタが戻ってきていて見せてもらえたので、今回も聞くだけ聞いてみれば良かったかな(前回は対応してくださった方が一般の職員ではなく社長夫人だったから「特例」で許されたのかもしれないが)。

 なお、ユニオンオーナーズクラブの募集馬紹介のページはこちら


もどる
もっともどる