Oasis  <1997年4月13日創設、2017年1月20日更新>
ここは町医者ドクターちゃびんのホームページです。
オアシスは砂漠の水場、おはよう・ありがとう・失礼します・すみませんの頭文字です。
[自己紹介] [私のホームページや活動についての記事]

<日本の風景 ライブ中継>
澤村船具店 万葉の時代からの景勝地・
鞆の浦 ☆テレビ山梨 富士山
 上関に原発を造らせてはいけない!
原子力発電所は環境を破壊し、危険のかたまり=人は必ず間違える、ものは必ず壊れる、地震の巣の上に建つ日本の原発!
原子力発電所は「トイレのないマンション」! 処理法のない大量の核のごみ=死の灰を出し続ける!
地球から、日本から、瀬戸内海から、原子力発電所をなくそう!
長島の自然を守る会:長島は中国電力が原発を造ろうとしている上関町がある島です
美しかった頃の瀬戸内海が残るところで、特に原発が建てられようとしている田ノ浦という入り江は
鞆の浦に似た美しい半円形の入り江で学術的にも貴重な珍しい動物や植物の繁殖地です
瀬戸内海再生の種になるべきところとも言えます
 自然の宝庫・長島を守ろう!
[シンポジウム「六ヶ所村再処理工場の危険性を問う! 放射能たれ流しで大丈夫?」に参加して] 2008年5月10日

<目次>
<基本理念> <トピックス> <新しく追加した内容> <今訴えたいこと>
ドクターちゃびんの [がんと医療なんでも相談室] [理念] [活動] [心といのちのリンク集]

<基本理念>
ヒロシマからの発信:反戦・反核 命と平和を守る! 憲法9条・25条・98条・99条を守る!
[平和憲法のメッセージ]早稲田大学・水島朝穂先生のホームページ
[スウェーデン型福祉社会の理念・安心と公正] [市場原理導入で失敗した米国の轍を踏むな!]
[米国の二の舞いだけは、ごめん被りたい] 中国新聞 「天風録」 2007年10月22日
[社会保障としての医療保険制度改革を] 
[福祉が経済を正す時]→日本居住福祉学会
[これは「人間の国」か] 「経済大国」の貧しさ 小田 実  朝日新聞 1996年1月18日
繰り返される国民の犠牲:戦争、鉱毒事件、水俣病、スモン病、薬害エイズ、アスベスト被害、薬害肝炎、自殺、タバコ…
[マルセ太郎の箴言]「人間屋を代表して一言」マルセ太郎(「人間屋の話」序文) 2000年
人間的に卑しい人たちが九条を変えろと言っている、九条があるとできないことは徴兵制と戦争!
[「人格者」と「偉い人」] マルセ太郎が語る「マルセ太郎・記憶は弱者にあり」(明石書店)
偉い人に教養人はいないんですよ。最低の教養が指導者のなかにない…生きるために必要なものは、勇気と想像力

[本当のインテリとは] マルセ太郎が語る「マルセ太郎・記憶は弱者にあり」(明石書店)
インテリとは、学歴や地位ではない、何ごとも批判的な目で見ることができる人のこと!
[テレビ学校] 情報操作と1億総白痴化(松田道雄著『私は女性にしか期待しない』岩波新書)
校則:◎しきたりを大事にすること。◎人の目につくこと。◎人権を尊重しないこと。
[テレビ、ビデオ、インターネットなどによる小児の精神発達への影響] 国立成育医療センター 谷村雅子 CLINICIAN 2007年8月号
[「日本企業の隠ぺい文化」人命優先へ意識改革を] 柳田邦男 中国新聞「現論」2007年
[国民の健康・いのち優先へ、迫られる行政の大転換] 柳田邦男 中国新聞「現論」2006年
[死の人称性] 柳田邦男著『「緊急発言 いのちへ1」脳死・メディア・少年事件・水俣』

トピックス>
問題発言と誤読のオンパレード:これが一国の指導者か?麻生総理大臣のお粗末な漢字力
[「違憲」濃厚 強行を許すな] 元東京高裁部総括判事 大久保太郎 朝日新聞「再考 裁判員制度」2007年12月30日
[空自イラク派遣に違憲判断―「そんなの関係ねぇ」?]  水島朝穂 2008年4月21日
[イラク判決 政府の法解釈もとに「違憲」 ] 水島朝穂 朝日新聞 2008年4月18日
[「ケータイは喫煙より危険」? 豪脳外科医が「脳腫瘍リスク」警告] J-CASTニュース 2008年9月10日
「日本の医療崩壊と後期高齢者医療制度」 宇沢弘文東大名誉教授 全国保険医新聞 2008年2月25日
「鞆の浦は誇れる宝物」可能性を探ろう 備陽史探訪の会会長 田口義之 朝日新聞 2008年1月19日
[揺らぐ「平等」の回復を] 山口二郎・北海道大教授に聞く 中国新聞 2008年1月5日
富を強者に再分配すれば改革と呼ばれ、弱者に再分配するとバラマキと呼ばれる
[誰が日本の医療を殺すのか「医療崩壊」の知られざる真実] 本田宏 著 洋泉社 2007年9月
『医療立国論』 崩壊する医療制度に歯止めをかける!大村昭人著 2007年5月
医療費の削減・市場原理主義の導入では、医療改革は成功しない!
[『医療立国論』高齢化社会において、医療、介護、健康産業の需要は拡大する] 帝京大学前医学部長 大村昭人 2007年5月

<追加した内容>  →ぺ−ジのトップへ
[平和憲法のメッセージ]早稲田大学・水島朝穂先生の水島朝穂のホームページ
いつまで続く器具の不備による医療事故:行政の怠慢で国民が犠牲になり、責任は医療者に課せられ、企業は儲けるだけ!
[栄養剤誤点滴 87歳患者死亡 大阪の病院] 中国新聞 2009年1月6日 → 『人は誰でも間違える』
[人工呼吸器の回路接続間違い] 医療安全情報 No.24 2008年11月(日本医療機能評価機構/医療事故防止事業部)
<ドクターちゃびんの解説>
回路の口径が同じになっていて、過った接続ができること自体が問題です。栄養剤を注入するチューブが、点滴の回路にも接続できるようになっていることも同じです。サイズとか規格を変えて、接続できなくすれば解決できることです。いつまでこんなことを放置しておくのでしょうか?
[なんでも癌にする病院、なんでも手術する病院]

[医療費不適切発言、首相「おわびする」]  読売新聞 2008年11月27日
[今を生きる〜支え合い、分かち合い、共に歩む〜] びんご・生と死を考える会会報 第47号 巻頭言 2009年1月24日
[ふたたび「まさか」という坂] びんご・生と死を考える会会報 第46号 巻頭言 2008年9月27日
[公的な裏切りを許すな!] 広島県保険医新聞(第389号)2008年8月10日
[良きサマリア人] びんご・生と死を考える会会報 第37号 巻頭言 2005年9月23日
[「老い」〜生きるということ、老いるということ、死ぬということ〜] びんご・生と死を考える会会報 第33号 巻頭言 2004年4月24日
「癒し」 びんご・生と死を考える会会報 第31号 巻頭言 2003年9月27日
[びんご・生と死を考える会の10年の歩み] びんご・生と死を考える会会報 第30号 10周年記念特集頁 2003年5月1日
「盈進」 びんご・生と死を考える会会報 第29号 巻頭言 2003年2月1日

<今訴えたいこと>  →ぺ−ジのトップへ
<世界が平和でなければ、いのちも健康も守れない> <政治・財政と改革に関する内容> <医療に関する内容>
[平和憲法のメッセージ]早稲田大学・水島朝穂先生の水島朝穂のホームページ

次々と起きる汚職・不正・談合、そして公的年金のごまかしなどの「公的な裏切り」
内田康夫著『日蓮伝説殺人事件』の後書きより引用
『考えてみると、社会の秩序のかなりの部分は、人々の良識と善意を前提に、あやうく成立しているといっていい。したがって、その良識と善意に対する信頼を裏切るような犯行に対しては、ほとんど無防備だ。多くの人は、隣の席の乗客が、理由もなくいきなりナイフで切りつけるなどということは想定しないで生きているのである。無防備の人々が相手なのだから、犯罪を行おうとする者にとっては、「裏切り」の場はいたるところにあるといえる。犯罪ばかりではない。政治、経済、宗教などのあらゆる場面で裏切りが日常茶飯的に横行している。政治を信じ、経済の仕組みに身を委ね、宗教に心の拠り所を求めるわれわれ庶民は、それらが裏切り行為に走った場合には、ひとたまりまりもない。そういう、いわば公的な「裏切り」が人々の公徳心を麻痺させ、無数の個人的な裏切りを生む温床になっているといったら、いささか詭弁に過ぎるだろうか。』

環境保護・地球温暖化防止の第一歩は、不必要なものを買わない、無駄な消費をしないこと!
政府広報「3R」ー地球にやさしい暮らし方ーから抜け落ちている第一のR:まず買わない使わない(Refuse)
その次に3R:「ごみを減らし(Reduce)、繰り返し使い(Reuse)、再利用(Recycle)する
蘇生から再生への長い困難な道!芦田川も社会も国も世界も地球も、破壊からの再生には何倍もの努力と負担と時間が必要です

1981年に竣工した河口堰で閉め切られた福山市の芦田川の水は真っ黒に濁っていて、
夏にかけて悪臭がたち大量の虫がわくため、川岸には誘蛾灯がずらっと並んでいます
芦田川河口堰(写真中央)の左側の芦田川は死に、右側の海も汚染されている→芦田川河口堰
人も地球も
[タバコ]タバコは肺を壊しガンを作り血管を詰らせる  [諌早湾号泣]潮受け堤防の排水門から諌早湾に放流される調整池の濁った水
[水門開放 泡立つ海、諫早湾調査茶色の水] 1981年に竣工した福山市の→芦田川河口堰でも同じことが起きて川が死に海が汚染されている


ドクターちゃびんの「がんと医療なんでも相談室」 →ぺ−ジのトップへ
患者・家族・友人のための道案内・納得できる医療への気付きのために!
特定の薬や治療方法を指示したり、特定の病院や医師への紹介はしません。それらは自己責任で行って下さい。
相談メイルの送り先chabin@saturn.dti.ne.jp
医療情報として皆さんに知っておいて頂きたい相談の内容は匿名にしてホームページに使用させて頂きます。
公開を希望しない方は予めお知らせください。 文字化けを防ぐために数字はアラビア数字(0123・・・)を使ってください。
相談は無料でお受けしていますが、お礼をと思われる方は「びんご・生と死を考える会」のホスピス基金の方へお願い致します。
郵便振替口座・記号番号:01380-5-49166 加入者名:びんご・生と死を考える会
(通信欄に「ホスピス基金」または「ホスピス」とご記入下さい)
「びんご・生と死を考える会」の「心あたたかな医療110番」では医療と福祉に関する相談を受け付けています。

自分の健康、自分の命は自分で守らなければいけません
[現状の把握、今どんな状態か] [患者の権利と医療環境] [やさしい医学と医療情報]
インフォームド・コンセントとセカンド・オピニオン(いずれも患者中心の医療のための手段)のために必要な知識です
退院の日がガン治療のスタートラインです
[治すのは医者ではない、がんは自ら治せ!]
ガンも自分が作った病気で、自分の治癒力で治す病気、病院で医者がする治療はガンを治りやすくするための手助けです
[ガン治療のために必要な知識]
(1)基本的なこと:[医者とのコミュニケーション] [ガン治療の参考になる本] [ガンと医療の参考になる映画] [生きがい療法] [ガン治療の情報戦]
(2)一般的な相談:[ガン治療の考え方と医者のかかりかたの相談] [ガンに関する一般的な相談] [ガンの代替療法の相談]
【対談】日野原重明/絵門ゆう子「医者の責任、患者の心持ち」


[いろいろなガンについての相談]
首から上のガン:[頭頚部のガン]
胸部のガン:[乳ガン] [肺ガン] [肺小細胞ガン] [食道ガン]
腹部のガン:[胃ガン] [大腸ガン] [直腸ガン] [肝臓ガン] [膵臓ガン] [胆管ガン]
泌尿生殖器のガン:[子宮ガン] [卵巣ガン] [腎臓ガン・膀胱ガン] [前立腺ガン]
その他のガン:[小児ガン] [悪性リンパ腫] [その他のガン] [肉腫]


ドクターちゃびんの理念  →ぺ−ジのトップへ

気になること、考えたいこと、訴えたいこと
◇改革という名の破壊 ◇医療崩壊 ◇憲法9条と九条の会 ◇戦争と平和 ◇歴史と政治と戦争 ◇生き方と死生観 ◇歴史と文化 ◇政治家と金 ◇政治とウソ ◇政治家の発言 ◇政治屋 ◇改革と選挙 ◇危機管理意識のない危険な「リスク社会」 ◇マルセ太郎の幸福論 ◇タバコとガン ◇環境問題 ◇哲学と人生観

知っておいてほしいこと
[危険な医療] [より良い医療のために(2)] [より良い医療のために(1)] [医療の質と評価] [医療事故を考える]
[医学教育・卒後教育・生涯教育] [医療制度を考える(2)] [医療制度を考える(1)] [外国の医療制度] [医療費を考える]
[教育] [社会] [福祉] [言葉] [政治] [経済] [財政]

知っておいてほしい人々
○アルフォンス・デーケンさん ○伊丹仁朗さん ○伊藤正一さん ○内橋克人さん ○梅原 猛さん ○遠藤順子さん ○大塚 信さん 
○川竹文夫さん ○高柳和江さん ○田辺 功さん ○内藤いづみさん ○中村 哲さん ○野田大燈さん ○早川一光さん ○ビル・トッテンさん
○前川 育さん ○柳田邦男さん
●恩地 裕さん ●島川昭三さん ●マルセ太郎さん ●森岡まさ子さん ●数野太郎


ドクターちゃびんの活動  →ぺ−ジのトップへ

[自己紹介] [考え方] [活動一覧] [生き方の指針となる言葉] [心に残る言葉] [読んでほしい本]
[びんご・生と死を考える会] [主な講演2005] [主な講演2003〜2004年] [主な講演1990〜2002年]
[主な放送
] [主な発表] [その他の文章] [医療に対する考え方を広島県保険医新聞に書いた記事]
[視察研修報告] [論 文] [医療ネットワーク・建物のない総合病院]
[エッセー]
「カーペディエム」―マルセ太郎が残してくれたもの―

「登山と生きがい療法ガン克服日米合同富士登山2000に参加して」
「欧州ホスピス視察研修旅行記ーその1」
「院長の呟き」 「自然治癒力から自己治癒力へ」 「自然治癒力」  「原点を求めて」 


ドクターちゃびんの心と命のリンク集  →ぺ−ジのトップへ

がん治療と闘病法の情報
[ガンの患者学研究所] [いずみの会] [生きがい療法実践会] [金つなぎの会] [イデアフォー]
[ささえあい医療人権センターCOML(コムル)] [医療事故情報センター] [医療事故市民オンブズマン・メディオ]

患者中心の医療の情報
[キャンサーネット] [国立がんセンター] [産婦人科・秋山記念病院] [川崎医科大学血液内科]
[癌疼痛および終末期の諸症状に対する緩和医療の処方] [内藤いづみさんの「ふじ内科クリニック」]
[伊丹仁朗先生の「すばるクリニック」] [岡原仁志先生の「おげんきクリニック」] [徳永進先生の「野の花診療所」]

心と身体の癒しの情報
[びんご・生と死を考える会] [生と死を考える会全国協議会] [NPO法人周南いのちを考える会] [癒しの環境研究会]
[横浜めぐみ在宅クリニック・ホスピス医・小澤竹俊先生]
[ソーシャルワーク・オープン・ゼミナール] [勉強ハウス楽らくゼミナール] [喝破道場] [若竹学園]
[NPO法人全国引きこもりKHJ親の会] [NPO法人ニュースタート]
[ホロコースト記念館] [澤村船具店]
[さわやか山の会] [三俣山荘・雲ノ平山荘・水晶小屋・湯俣山荘] [ヒマラヤの山々とチベットと高山植物]
[かずの(数野)歯科・小児歯科]