▼Windows Mobileプログラミングメモ▼
Windows Mobile


Windows Mobile
マイクロソフトから提供されている携帯端末向けのOS。



バージョン エディション 説明 端末
Windows Mobile 5 PocketPC Edition タッチパネルを持ったPDA向けOS W-ZERO3
EM・ONE
PocketPC Phone Edition タッチパネルを持った携帯電話向けOS hTcZ
X01HT
HTC P3600
Smartphone Edition タッチパネルを持たない携帯電話向けOS -
Windows Mobile 6 Classic Edition タッチパネルを持ったPDA向けOS Advanced/W-ZERO3[es]
WOLLCOM 03
EM・ONEα
Professional Edition

タッチパネルを持った携帯電話向けOS

T-01A
HTC Advantage X7501
X01T
Standard Edition タッチパネルを持たない携帯電話向けOS X02HT


情報源


情報源
公式 記事/個人
Windows Mobileホーム WindowsCE開発者向け情報
Windows Mobile開発者向けホーム まったり開発日誌
MSDN - Windows Mobile いまさらのWindowsCEプログラミング
MSDN - Windows GDI ある忘れっぽいプログラマの覚書
Windows Mobileプログラミング徹底理解 VS2005によるWindows CEアプリケーション開発
Pocket PC Developer Network Programming Place Plus
- 俺が入門
- Direct3D Mobileによる3DCGプログラミング

関連リンク
.Net Compact Framework 2.0メモVisual C#での開発方法
MIDP2.0メモJavaでの開発方法

Windows MobileとWindowsの開発の違い


Windows MobileとWindowsの開発の違いは次の通り。

UNICODE
Windows Mobileは内部的には全てUNICODEで扱われる。 ファイルパス
Win32APIやMFCはサブセットなため、一部機能がない。
Win32APIやMFCはサブセット
Win32APIやMFCはサブセットなため、一部機能がない。
デバッグ出力
以下の関数で出力ウィンドウに文字出力が可能。
NKDbgPrintfW(_T("hoge¥n"));
NKDbgPrintfW(_T("num=%d¥n"),num);


詳しくはWindows CE FAN,いまさらのWindowsCE入門が参考になる。

開発ツールの準備


Windows Mobileアプリケーションの開発に必要なツールは次の通り。

Visual Studio 2005 Standard以上/Visual Studio 2006 Professional以上
マイクロソフトが提供するソフトウェア開発のための統合開発環境。

Windows Mobile 6 SDK
Windows Mobileアプリの開発機能をVisual Studioに付加するキット。
StandardとProfessionalの2つのエディションがある。
サイトから必要なエディションをダウンロードしてインストール。

Device Emulator Version 3.0 日本語版
エミュレータの日本語版。
サイトよりダウンロードしてインストール。

Emulator Images
エミュレータのデバイスイメージ。
サイトより「0411/Windows Mobile 6 Professional Images (JPN).msi」をダウンロードしてインストール。

Active Sync 4.5日本語版
PCとWindows Mobile端末を接続するツール。アプリ転送で必要となる。
サイトよりダウンロードしてインストール。
接続の設定で「以下のいずれかの接続を有効にする」をチェックし「DMA」を選択。

サンプルプログラム


基本 - ウィンドウベース 基本 - ダイアログベース ユーザーインタフェース データの読み書きと通信 デバイス制御
情報



−戻る−