プラナ倶楽部 陶芸教室ツアーリポート
陶芸教室では毎年5月に希望者参加の「陶芸ツアー」で陶芸ゆかりの地を訪ねます。
2004年は岐阜県の多治見を訪れました。
陶芸探索ツアー「 多治見 陶芸の郷を訪ねる 」 レポート
出発日:
'04年 5月23日(日)・26日(水)
 コース  :名神→ 中央自動車道→多治見IC → 岐阜陶磁資料館→ 昼食→
      →市の倉 さかづき美術館→幸兵衛窯→帰途
恒例の陶芸探索ツアー。
今年は2回に分かれて、多治見の陶器の歴史に触れてまいりました。
 
 岐阜陶磁資料館 

こちらの資料館では美濃焼の1000年の歴史の流れを 須恵器(6世紀 飛鳥時代)、白??? (10世紀 平安時代中期)、山茶碗、古瀬戸系施釉陶、磁器等によって
時代の特色を追って展示、紹介しています。

館内には昔の窯跡から発掘された陶器の破片から安土桃山時代の貴重な美濃焼、
磁器、現代の著名作家・人間国宝の作品まで約5万点が展示されており、
東濃地方最大の陶磁資料館です。
とにかく作品が多い!

桃山陶展示室には東洋のルネッサンスとまで称された志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒、天目等、色美しい、見る者を魅了してしまう施釉陶器がたくさん展示されているのです。

皆さん学芸員の方に色々なことを質問され、心は遠い安土桃山時代にタイムスリップしているようでした。



ま〜、じっくり見ているとあっという間に時間が経ってしまい、 残念なことに最後の方の現代陶や磁器展示室は早足で見ることになってしまいました。

今回資料館の方のありがたい計らいで、
一部の陶器の破片を実際に手にとって見ることができ、時代をこの手で感じることができました。

幸輔窯


今回訪れる2軒のうちの1軒目の個人の窯元さんのところです。
明治時代に多治見市市之倉で開花した手作り、手描き技法を受け継いでいる染め付け和食器の専門窯元で、伝統的工芸品に認定されています






古い土をこねる機械に
歴史が感じられます。
この製品、鉢だったたり皿だったりするわけですが、どれも同じ形です。この同じ形、どの様にして作っているんだろうか?これは私にとっては重大な疑問でした。

今回その疑問は五代目によって解き明かされることとなったのです!

型作り、耳にはしていた言葉、
それを実際に目にした時、
そのなんとも単純で楽しい作業、
しかしその中にある微妙な土の量加減。
これぞ職人技!と思いましたね。
(ちょっと大げさかな)












昔、使っていた窯がすてきなギャラリーになっています。
 
ここで忘れてはならないのが四代目の絵付けの実演。

皆さん真剣に四代目の絵付けの苦労話や道具の話に耳を傾けます。

いよいよ実演。
周りを取り囲まれてちょっと緊張されているご様子でした。
 
こちらでは陶器を百貨店などにおろしていますが、個人向けにも販売されています。普段使いの食器等が手頃な価格で購入することができ、皆さんお土産にするのでしょうか、見学と同じ位熱心に選んでおられ ました。

 市之倉さかづき美術館 
「お酒なんて飲まないしな〜」これが出掛ける前の私の言葉です。

2階建ての建物はそれほど大きなものではありません。
しかし、入ってみてビックリ!ほんと、さかづきがたくさんあるんです。
こちらには幕末から明治にかけての市之倉のさかづきをはじめ、古今東西(京都、有田、九谷など)のさかづきや世界の酒器、市之倉の名工達の作品、また2階の展示室には人間国宝達の作品が展示してあります。

小さなさかづきですが、そこには人々の様々な想いが込められているんです。
こちらのパンフレットに「ようこそてのひらの宇宙へ」と書かれてあるんですが、まさしく`宇宙’ですね。それだけで一つの世界のようでした。

この写真のさかづきは戦争中、出征する時に「お国のために頑張って来いよ」と、送り出すときに使われたそうです。
実際に戦争は体験したことはありませんが、このさかづき達を見ていると、その時の情景が浮かんでくるようでした。
1階にはショップもあります。地元の銘酒、特産品や各ジャンルのアーティストの作品を展示販売しています。これらを見て回るだけでも楽しいですよ。
 
幸兵衛窯 本日最終の目的地は今から200年ほど前に初代加藤幸兵衛によって開窯された市之倉地区で最も長い歴史を誇る個人の窯元です。

現在六代加藤卓男が主宰し、七代加藤幸兵衛と共に陶芸界で活躍されています。
加藤卓男は古代ペルシア陶器に造詣が深く、18世紀以降途絶えていた幻の陶器・ラスター彩を再現したことで有名で、人間国宝に認定されています。
(26日(水)に参加された方達はなんと!卓男さんにお会いになったそうです。一緒に写真に収まったりして楽しいひとときを過ごされたことでしょう。)
こちらには加藤卓男の作品を展示している本館の他に約200年前の民家を福井県大野より移築し、ペルシア古陶、古代ガラス、青銅器等千数百点にも及ぶ作品を常時展示している古陶磁資料館や、卓男、五代、七代加藤幸兵衛の作品を展示している工芸館、また、訪れる人々に大好評(?)のエスプレッソマシーンがあり休憩のできるサロン壺中洞などがあり、作品以外にも建物を見て楽しむこともできます。

古陶磁資料館、サロン壺中洞からは桃山様式の半地上式穴窯を見ることができます。この穴窯、現在でも年に一,二回焼成されているそうです。

作品以外といえば館内の装飾品も大変興味深い物ばかりです。ペルシアということで、きっと高価であろう絨毯や至る所にあるランプ、家具類。こういった物を見ることが好きな方も充分楽しんでいただける所だと思いますよ。
THE END


  プラナ tel. 0774−32−3008

陶芸教室にもどる   ステンドグラス教室   木彫教室     英会話教室 プラナへのアクセス