スタッフ キャスト スタジオ 解説 ストーリー 諸元 スチール ポスター/チラシ

アンナ・カレーニナ

[かいせつ]
 20世紀最高のバレエの名花といわれるマイヤ・プリセツカヤが自ら振り付け、主演した意欲的で華麗なバレエの映画化作品です。
 原作は文豪トルストイの名作「アンナ・カレーニナ」。
 雪のペテルブルグ。華やかな社交界を舞台に、ひたすら自からの愛を貫き通すアンナ・カレーニナ。そのゆれ動く心理の綾をプリセツカヤは、見事にバレエで表現しています。
 アンナと恋焦がすウロンスキー役は、その後、米映画「刑事ジョン・ブック目撃者」「ダイハード」に出演しているアレクサンドル・ゴドゥノフ。
 音楽はプリセツカヤの夫であるロジオン・シチェドリン。ピエール・カルダンの衣装が、このプリマを色彩ります。

[スタジオ/製作年] モスフイルム製作

[スタッフ]
脚本:B・リヴォフ=アノーヒン
監督:マルガリータ・ピリヒナ
音楽:ロジオン・シチェドリン
バレエ振付:マイヤ・プリセツカヤ
撮影:マルガリータ・ピリヒナ / ウラジーミル・パピヤン
衣装:ピエル・カルダン / マイヤ・プリセツカヤ

[キャスト]
アンナ・カレーニナ:マイヤ・プリセツカヤ
ウロンスキー:アレクサンドル・ゴドゥノフ
カレーニン:ウラジーミル・チホノフ

[ジャンル] 長編バレエ映画
[サイズ] 35mm / スタンダード / カラー /
[上映時間] 1時間20分

索引ページに戻る
Homeページに戻る
ロシア映画上映案内ロシア映画社アーカイブス