Una Furtiva Lagrima
G.Donizetti

ドニゼッテイ歌劇「愛の妙薬」第2幕
アリア「人知れぬ涙」


かくせどその目に涙溢る

おとめら
われゆえ騒ぐを知り
すべてを悔い君はなげくか

今知りぬ君の真心

やさしく再びわれを慕う
まことの心に君はかえりぬ

ああ君はわれを慕う

ああいとしのわが君

たとえこの身
このまま死すとも

ああ

われ永遠に悔いることなし


桃園京子訳詞