ロシア映画社 > アーカイブス > 映画資料室
スタッフ キャスト スタジオ 解説 ストーリー 諸元 スチール ポスター/チラシ

殺し屋
УВИЙЦЫ
THE KILLERS

[かいせつ]
 "殺し屋"は1956年、アンドレイ・タルコフスキーが全ロシア国立映画大学3年生時、ミハイル・ロンム監督(「十月のレーニン」37、「1918年のレーニン」39、「一年の九日」61、「ありふれたファシズム」65 他)クラスの同級生アレクサンドル・ゴルドンと共に製作した、タルコフスキー最初の映画である。
 一ヶ所で数人の出演者によるドラマを作るとの課題に、1956年当時まで学生が外国の作品を映画化することのなかった時代だったが、タルコフスキーはアーネスト・ヘミングウェイの短編小説「殺し屋」を選んだ。
 店主ジョージ役はアレクサンドル・ゴルドン。タルコフスキーも2番目に店にやって来る客役を演じ、原作にはない「バートランドの子守歌」を口笛で奏でる。アンドレソン役はのちに作家として、映画監督(「こんな若者がいる」64、「赤いカリーナ」73 他)、俳優(「二人のフョードル」58、「湖畔にて」70、「ヨーロッパの解放」70−72 他)として活躍するヴァシーリー・シュクシン。この後半のアンドレソンのシーンはゴルドンが演出した。

[あらすじ]
 アメリカのとある田舎の食堂に二人の殺し屋がやってくる。店に夕食をとりにくるスウェーデン人のオーレ・アンドレソンを殺すためだ。殺し屋アルとマックスは店に居あわせた常連のニックと調理人のサムを縛り、店主のジョージには店に来る客を追い返すよう命じる。結局アンドレソンは現われず、殺し屋は立ち去る。ニックが殺し屋が来たことをアンドレソンの宿泊先に伝えに行くが彼はベッドに横になったまま逃げようともせず、身に迫る死を無為に待っているだけだった。ニックはこの町を出て行くことを決意する。

[スタジオ/製作年]
 S・A・ゲラーシモフ名称全ロシア国立映画大学・1956年製作

[スタッフ]
原作:アーネスト・ヘミングウェイの短編小説より
脚本:A・ゴルドン
  A・タルコフスキー
監督:M・ベイク
  A・ゴルドン
   A・タルコフスキー
撮影:A・ルィビン
   A・アリヴァレス
M・I・ロンム教授監督科クラス
A・V・ガリペリン教授撮影科クラス
Всероссийский госдарственный институт кинематографии
имени С.А.Герасимова
УВИЙЦЫ
по рассказу Э.Хемингуэя
Сценарий : А.Гордон
     А.Тарковский
Режиссеры : М.Бейку
     А.Гордон
     А.Тарковский
Операторы : А.Рыбин
     А.Альварес
Режиссерский курс профессора М.И.Ромма
Операторский курс профессора А.В.Гальперина
All-Union State Institute of Cinematography named S.A.Gerasimov
THE KILLERS of Ernest Hemingway
Scriptwriter : A.Gordon
         A.Tarkovskii
Directed by : M.Beiku
         A.Gordon
         A.Tarkovskii
Camera by : A.Rybin
        A.Alvarec
Director class of professor M.I.Romm
Photographing class of A.V.Galperin

[キャスト]
ニック・アダムス:ユーリー・ファイト
ジョージ:アレクサンドル・ゴルドン
アル:ヴァレンチン・ヴィノグラードフ
マックス:ヴァジーム・ノヴィコフ
最初の客:ユーリー・ドゥブローヴィン
2番目の客:アンドレイ・タルコフスキー
アンドレソン:ヴァシーリー・シュクシン
Роли исполняют :
Ник Адамс … Юлий Файт
Джорж … Александр Гордон
Эл … Валентин Виноградов
Макс … Вадим Новиков
1- й посетитель … Юрий Дубровин
2- й посетитель … А.Тарковский
Оле Андресон … В.Шукшин
Cast :
Nick Adams … Yulii Fait
George … A.Gordon
Al …Valentin Vinogradov
Max … Vadim Novikov
1- st Visitor …Yu.Dubrovin
2- nd Visitor … A.Tarkovskii
Ole Andreson…V.Shukshin

[ジャンル] 短編劇映画
[サイズ] 35mm / スタンダード / モノクロ / 全2巻
[上映時間] 20分
[日本公開年・配給] 2002/10/19 生誕70周年記念アンドレイ・タルコフスキー映画祭にて上映

索引ページに戻る
パンフレット図書館 | 人物往来 | モスクワ国際映画祭
映画祭日記 | 国際児童青少年映画祭 | ウラジオストック映画祭

ロシア映画社ホームページ
ロシア映画社電網店 | 西日本 | 松本支局 | 服部美術館 | 掲示板
今日のロシア映画 | 映画紀行 | チェーホフ没後100年

ロシア映画DVDコレクション | ソヴェート映画史−七つの時代 | プーシキン美術館DVD-BOX
チグラーシャ・クラブ | 海外旅行が当る! 国内旅行が当る!

このウィンドウを閉じる

ロシア映画ファンサイト | 明治・大正期に日本で公開されたロシア映画 | 映画「妖婆 死棺の呪い」のDVDを巡って