スタッフ キャスト スタジオ 解説 ストーリー 諸元 スチール ポスター/チラシ

女狙撃兵マリュートカ
СОРОК ПЕРВЫЙ

[かいせつ]
1957年カンヌ国際映画祭審査員賞

 監督は「誓いの休暇」で著名なグリゴーリー・チュフライ。チュフライは1921年生れ。対独戦で負傷して復員後、映画大学でミハイル・ロンム他に学び、この作品がデビュー作。
 原作はボリス・ラヴレニョフの短編『41番目の男』で、既に1920年代に当時の巨匠ヤーコフ・プロタザーノフ監督の手で映画化されている。まだ、無名の若手監督が取り組んだと言う事で、あまり成果は期待されていなかったが、公開されるやたちまち海外でも評判となり、カンヌ映画祭では、シナリオのヒューマニスティックな主題に対して審査員賞を受賞。チュフライ監督作品に共通するヒューマンなテーマと叙情的な映像の片鱗がここにもうかがえる。また、荘漠たる砂浜や打ちかえす波しぶきを捉えた、セルゲイ・ウルセフスキーの美しいカメラワークもさることながら、その後訪れた、いわゆる"雪どけ"時代を予測させる瑞々しい映像感覚が印象的である。

[あらすじ]
 国内戦時代、多くの僚友を失った赤軍パルチザン部隊は、白軍の包囲を逃れるため、カラクム砂漠を越えてアラル海に出て、海岸づたいにカザンスクへ向うことになる。その部隊に美しい女狙撃兵マリュートカがいる。彼女はうまいとは言えなかったがなかなかの詩人で、しかも40人の白衛軍兵士を射ち殺したほどの射撃の名手。
 行軍は途中で撃ち会いとなり、マリュートカは"41人目"を射ち損う。それは白軍の将校だった。捕虜となったその将校を連れてアラル海を護送中、暴風雨のため船が難破、マリュートカと将校は無人島に漂着する。たどりついた島で病となった将校を親身に世話するマリュートカ。平凡な漁師の妻とペテルブルグの貴族、所詮は相容れないはずの二人だったが、いつしか愛が芽ばえて…。だがやがて、白衛軍の船が海岸に姿を現すと、マリュートカの小銃は火を吹いた…。

[スタジオ/製作年] モスフィルム・1956年製作

[スタッフ]
原作:ポリス・ラヴレニョフ「41番目の男」
脚本:G・コルトゥーノフ
監督:グリゴーリー・チュフライ
撮影:S・ウルセフスキー
美術:V・カムスキー
音楽:N・クリューコフ

[キャスト]
マリュートカ:イゾリダ・イズヴィツカヤ
白軍士官:オレグ・ストリジェノフ

[ジャンル] 長編劇映画
[サイズ] 35mm / スタンダード / カラー
[上映時間] 1時間33分
[日本公開年・配給] 1957/3/9 ・独立
[VIDEO・DVDなど] DVD = RCCF-1032 (I.V.C. 2006/08/31)
 DVD= IVCF-2234(I.V.C. 2003/08/25) / IVCF-22
 VIDEO=IVCB-7012 アイ・ヴィー・シー

索引ページに戻る
Homeページに戻る
ソヴェート映画史ロシア映画社アーカイブス