From Matumoto City
ロシア映画社>松本支局発 2003年・春

▲「私はモスクワを歩く」(1963)より
 東京の本社で執筆している「ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記」が、なかなかの評判らしい。それに関連して、モスクワでの白タクについて、面白い思い出はないか、との問い合わせが、本社からあった。
 仕事のため、モスクワには何度となく訪れて
白タクを利用してきた。今回は、趣向を変え、とにかく数限りなくあった白タク交渉の中で、筆者としては、際立った経験として記憶しているものを紹介しよう。

>>
次へ
>>
ほぼ毎日酔いどれ映画祭日記 | 今日のロシア映画 | 西日本 | 服部美術館
掲示板 | 資料室 | 特別企画 | ロシア映画社 | チグラーシャ・クラブ | 電網店

Copyright(C)2003 RUSSIA EIGASHA