W O O S E R  L I V E S F R O M D A Y T O D A Y
うーさーのその日暮らし・リバース

No.2037←2099
公開が始まった『センコロール コネクト』の主題歌をsupercellが担当、ってsupercell名義でやるの何年ぶりだろう。
 
このサイトが18年、supercellも10年? センコロールも1から2までほぼ10年、うーさーのアニメ化から7年、トリガーは設立から8年(9年目)か。

10年も経つと自分も含めて人も環境も全然変わってしまうんだけど、周囲のクリエイターを見ていると意外と性根の部分は変わらないというか、変われないというか、10年商業の世界で生き残ってる時点で代わり得ない業を背負ってるのだと感じる。
 
“あの頃の未来に ぼくらは立っているのかな”的なアレでいうと、色んな偶然や必然に導かれて今ここにいるのだけれども、ここ最近特に感じるのは「(全ての記憶を持った状態で)10年前に戻れたとしても、絶対にここには辿り着けない」ということ。
 
人生を動かすのはノウハウではなくパッションなのであって、人の心は絶対にコントールできない。そんな思い通りにならない物だらけのうねりの中で人は皆生きている訳で、自分で出来るのはそれでも尚帆を張って進もうとするか否かくらいの差でしか無い。
 
“ここではないどこかへと”的なアレでいうと、進めば進む程未来は見えなくなるのだけれども、大事なのは流されるか流されないかかもしれんね。今はとにかく高いレベルでやりたい、何事も。
 
10年も経つと、当時の色々なものが今の自分を形作っていると感じる半面、その恩恵を受けてはいても返せてないんだろうな、とも感じてる。supercellって、ぼくの人生の中で思いの外存在として大きいのだ。
 
次の10年で、ちょっとずつ返していきたいな。
 
 
・Kindle版「うーさーのその日暮らし 1巻」「うー さーのその日暮らし 2巻
「いつか働くお兄さん! 02」 発売中
「働くお兄さん!の2!」 Blu-ray 発売中
「LOVE & HATE」第2巻 発売中
「うーさー」&「ルル子」&「働くお兄さん!」LINEスタンプ発売中
各種うーさーグッズ発売中