WalschaertValveGear

ワルシャート弁機構

ワルシャート弁機構(イラスト)

              1.  ピストン弁             6.返りクランク            7.偏心棒             8.加減リンク 
              9. 心向き棒             10.合併てこ               11.結びリンク      14.つりリンク     17.弁心棒

        蒸気機関車のドラフト音と動輪回りのダイナミック動きに、少年時代の私は思わず胸を高鳴らせたものです。
        遠い昔の話のようになってしまいました。

        残念ながら、今後これに類したメカが開発されることはないでしょう。
        日本の殆どの蒸気機関車にはワルシャート式弁機構が採用されていました。
        この機構が何時頃開発されたか、私は知りませんが、100年近く前のことではないでしょうか。
               追記:分かりました。1844年ベルギーの機械技師が発明したようです。150年以上も前のことなんです。
                          このURLで知りました。

        それにしても、製図板、T定規、三角定規等手書きの道具しかない時代に、よくもこれだけ複雑な機構を
   開発したものです。

        トップページのタイトルのアニメは、動輪を20度ずつ回転させてロッドやリンクを書いて作りました。都合18枚
   製図しました。もちろんCADです。製図しながら、つくづく、先人の偉大さに敬服しました。
        
        子供の頃、駅の構内で入れ替え機関車が、行ったり来たりしているのを飽かず眺めていたものです。
        「ロッドが死点にあるのに、どうして目的の方向に走るんだろう?」、「前進、後進はどうして
   切り替えられるのだろう?」  不思議に思いながら見ていました。
        
        鉄道車両は全てを車両限界内に収まるように、設計しなければならないことを考えると、ただただ感心する
    だけです。

        唯一、難点と言えば、地上設置の蒸気機関と比べて熱効率が極めて悪いことくらいです。
    おそらく10%には届いていないと思います。大部分は排気に持っていかれています。
        僅か給水の加熱などで回収していますが機械効率および補機(給水ポンプ・コンプレッサ・発電機等)も考慮した
    全効率はおそらく数%ではないでしょうか。


  前進・後進の切換
       ワルシャート弁機構(前後進切り替え) 


        実に巧妙な方法で前後進を切換えています。・華麗としか言いようがありません。
         リンク機構のみでなく、熱力学的にも、最高の効率を引き出すように設計されていることと思います。



                   このアニメーションはなかなか良く出来ていると思います。

                   Pick the animation then jump to linked URL

                   画像をピックして下さい。このアニメーションのあるURLへジャンプします。
                   戻るときは、ブラウザ左上隅の[戻る]をピックして下さい。

                   私が作った3Dアニメーションも良く出来ていると自画自賛しています。見て下さい。



                                                                             前田技研ホームページへ