1. 競馬のお時間 >
  2. 我が一口馬主人生 >
  3. キーコーズウェイ
キーコーズウェイ

鹿毛・2017年3月7日生

生産者/グランド牧場
栗東・橋田満厩舎 → 北海道・角川厩舎 → 岩手・櫻田康二厩舎


写真はユニオンオーナーズクラブ様ご提供のものを使用させていただいております。

スズカコーズウェイ

 2004年 栗毛 (静内町)
Giant's Causeway

 1997年 (米)
Storm Cat

 1983年 (米)
Storm Bird
 1978年
Northern Dancer
South Ocean
Terlingua
 1976年
Secretariat
Crimson Saint
Mariah's Storm

 1991年
Rahy
 1985年
Blushing Groom
Glorious Song
Immense
 1979年
Roberto
Imsodear
*フレンチリヴィエラ

 1999年 栗毛 (米)
French Deputy

 1992年 (米)
Deputy Minister
 1979年
Vice Regent
Mint Copy
Mitterand
 1981年
Hold Your Peace
Laredo Lass
Actinella

 1990年
Seattle Slew
 1974年
Bold Reasoning
My Charmer
Aerturas
 1981年
Manado
Amiel
*スプリングマンボ

 1995年 鹿毛 (英)
Kingmambo

 1990年 (米)
Mr. Prospector

 1970年 (米)
Raise a Native
 1961年
Native Dancer
Raise You
Gold Digger
 1962年
Nashua
Sequence
Miesque

 1984年
Nureyev
 1977年
Northern Dancer
Special
Pasadoble
 1979年
Prove Out
Santa Quilla
Key Flyer

 1986年
Nijinsky

 1967年 (加)
Northern Dancer
 1961年
Nearctic
Natalma
Flaming Page
 1959年
Bull Page
Flaring Top
Key Partner

 1976年
Key to the Mint
 1969年
Graustark
Key Bridge
Native Partner
 1966年
Raise a Native
Dinner Partner

近況
2020/11/10
 岩手・櫻田康二厩舎への移籍が発表された。
 同じ3歳で北海道・角川厩舎所属の1勝馬サンジョアンと同時に同厩舎に移籍決定。
2020/11/4
 門別7R 3歳以上C4−2(ダート1700m)に出走。鞍上は引き続き桑村。
 今度こそ勝って一気に中央復帰を決めて欲しかったのだが、またしても2着。

 道中2番手で直線で先頭に立ったが、ロードインファイトに並ばれて2頭のマッチレースとなる。
 その後、徐々に離されていって、2着はキープしたものの、勝ち上がれず。中央復帰が遠のいた。

 勝ったロードインファイトは前走で桑村騎手(今回キーコーズウェイに騎乗)の馬と来てる。せっかく桑村が選んだ馬なので、ここできっちり勝ってほしかった。


2020/10/15
 門別4R 3歳以上C4−3(ダート1700m)に出走。鞍上は引き続き桑村。
 ここで勝って一気に中央復帰を決めて欲しかったのだが、惜しくも2着。

 先行して残り100mあたりで逃げていた馬を交わして先頭に立ったが、ゴール直前に外からきた馬に交わされクビ差の2着。勝ったと思ったのだが、惜しかった。
 次はぜひ決めてほしいが、地方は2着でもクラス上がるところが辛い。


2020/9/29
 門別6R 3歳以上C4−5(ダート1200m)に出走。鞍上は桑村。
 中央は抹消されたがファンド継続で道営に移籍。その移籍初戦で、見事に勝利!

 好スタートからの、見事な逃げ切り勝ち。中央ではわずか1戦、しかも成長途上で出たきただけだったが、ここに来てようやく初勝利だ。血統的に晩成だし、今後も期待できそうだ。まずは今年中にあと1勝挙げて、中央復帰を目指して欲しい。


2020/8/23
 小倉3R3歳未勝利(ダ1700m)でデビュー。鞍上は新人の▲泉谷。
 3歳の8月にしてようやくデビューも、結果は14着と完走した馬の中ではブービーだった。

 大きく離されたわけではなく、馬群についていけてはいたものの、後方のまま直線でも伸びてくるわけでもなく惨敗だった。


 馬名が決定しました。キーコーズウェイです。

 馬名の由来は「母母名、母母母名の一部+父名の一部」だそうである。確かに母母母が Key Partner で 母母が Key Flyer である。母はスプリングマンボなので、そこだけ「キー」が付かない名前だ。クイーンマンボの叔母(ただし年下)だし、スプリングマンボの系統はマンボやラテンミュージック関係の名前が多いので、私ならマンボコーズウェイという安直な名前を付けてしまっただろう(馬名の応募はしなかったが)。


 あの天皇賞馬スズカマンボやスプリングサンダー重賞2着馬スプリングサンダーの半妹である。我が出資馬で重賞も勝っているクイーンマンボの母スズカエルマンボの半妹でもある。つまりクイーンマンボの叔母にあたる(こっちの方が年下だが)。

 これだけの良血馬が総額1200万円なので、値段の割に期待できると思い出資することにした。父はスズカコーズウェイと地味な種牡馬だが、母系が魅力的なので期待しよう。なお、父スズカコーズウェイの妹マルキーズも私の出資馬である(これを書いている時点で未出走)。父系も母系も私の出資馬(両方ともグランド牧場生産の角居厩舎)と縁のある血統であるので愛着もある。容姿が姉スプリングサンダーにそっくりであり、期待できそうだ。


もどる