Share
  1. 競馬のお時間 >
  2. そこに馬がいるからだ >
  3. 2013年私的年度代表馬発表!

2013年私的年度代表馬発表!

14/1/4


 さて今年で第15回を迎えました、皆さんおマチカネなのかどうかはわかりません私的年度代表馬発表の季節がやって参りました。私的年度代表馬とは何か?それは「年間を通じて最も私の印象に残った馬」に与えられる称号である。選考基準はそれだけ。あちこちのページで「私が勝手に選ぶ年度代表馬」だとか「裏年度代表馬」とかいう名前でやられているものである)。っとここまで昨年の使い回しである。

 というわけで、ここで昨年までの私的年度代表馬を振り返ってみよう。

 というわけでこれらの馬に続き競馬史に新たな1ページを(あくまで私の脳内で)刻む事になった、2013年の私の年度代表馬は、、、














インプロヴァイズ


 なんかここ数年2年に1回ぐらい一口出資馬が選出されているな(笑)。というわけで私の出資馬です。

 この年は馬券がかなり不調だったのだが、そのかわりか一口馬主としての出資馬は割と活躍してくれた。年間7勝と一口馬主を始めてから最も多い勝ち星である。ただし、成績は良かったが順風満帆というわけではなく、愛馬の怪我に泣かされたりもして波瀾万丈だった。そのような年だったからこそ、私的年度代表馬は一口出資馬の中から選出されることとなった。出資馬の中で2勝を挙げたのがインプロヴァイズである。

 前年の東京スポーツ杯2歳ステークスで3着に好走し、3歳になったこの年も期待していた。しかし、その後500万条件をなかなか勝てず、4/27に東京競馬場の500万平場でようやく2勝目を挙げた。

 その後、いよいよ重賞再挑戦である。ダービーには向かわずに、福島の夏開催で行われたラジオNIKKEI賞に出走した。府中で勝っての参戦で重賞3着の実績もあるので2番人気に支持されていた。私も福島まで観戦に行ったし、もちろん期待もしていた。 当然勝ち負けになるだろうということで意気込んで観戦した。しかし、道中で引っかかり直線でも後方のままの10着だった。

 その後1000万条件でも4戦連続掲示板に載らず低迷していたが。この年最後の出走のノエル賞で見事に勝利。奇しくもその1個前のレースの有馬記念で昨年の私的年度代表馬オルフェーヴルが強い勝ち方で勝っており、最終レース後には引退式が行われた。

 当初期待していたほどの活躍をしたわけでもなく、一口出資馬の中でも成績的にはサンビスタの方が1000万特別を2勝で1600万条件3着もあるので上である。しかもインプロヴァイズが1/500なのに対してサンビスタは1/200の出資比率であるので、当然私にもたらした賞金も多い。しかし、重賞で2番人気と夢を持たせてくれたり、チグハグなレースが続いて最後に勝ったりと強く印象に残ったため、私的年度代表馬はインプロヴァイズとすることにした。

 この馬の力からすると1000万勝ちは単なる通過点でもっと大きなところでも活躍できる筈なので、2014年は更なる飛躍に期待したい。


[おまけ:その他の候補馬]
サンビスタ
本文中で述べた通り、この年を挙げた出資馬である。成績もインプロヴァイズより良く、出資比率も高いのでこの馬を年度代表馬にしようかどうか迷ったが、迷った挙句次点となった。インプロヴァイズは私の目の前で2回も勝ったという超個人的な事情もあるが。それでも昨年の「その他の候補馬」に書いた通り、私が応援しているグランド牧場の生産馬で父も母もグランド牧場の生産馬で母が重賞勝ち馬なので非常に愛着のある馬である。インプロヴァイズとは甲乙付けがたいが、ハナ差でインプロヴァイズが代表馬となった。
レイキッシュボーイ
この馬も私の出資馬でありインプロヴァイズと同期の3歳馬。現役時代大フアンだったスマートボーイの産駒である。デビューがちょっと遅れたが2/12に新馬戦を勝利し、私も口取り式に参加した。しかし、デビュー勝ちを決めて「さあ、これから」という時に骨折で全治6ヶ月ということが判明。暮れに復帰したが休み明けのせいもあり惨敗。結局2戦しかしなかった。勝ち上がってくれたから中央で復帰するチャンスもあり不幸中の幸いなのだが、丈夫なのが取り柄だと思ってスマートボーイ産駒に出資しているのにこの結果ではね。ユニオンのスマートボーイ産駒といえば、1個下のトウホクビジンの全弟セクシーボーイもこの年骨折した。その馬こそ頑丈さ、タフさに期待して出資した人が多いだろうな。

◆サクラアドニス
ダービー当日の京都準メイン2000sダービーメモリーズディープインパクトカップ。2番人気のクィーンズバーンを軸に何頭かに馬連で流していたが、16番人気のこの馬が勝って大穴を開けた。密かに注目している騎手秋山が騎乗ということで一応相手に押さえていたので馬連的中。この年当てた馬券で最も高配当の363倍の的中に貢献した。軸の馬ではなくこの馬がエントリーされたのは、この馬のお陰で高配当になったからだ。その後函館スプリントSに出走して14着に惨敗。
◆コスモネモシン
新潟記念で10番人気のこの馬から馬連+ワイドで流していたら見事に勝利。2万馬券を的中した。この年は重賞での馬券成績がかなり悪く、重賞での会心の的中というのはこれぐらいしか思いつかない。

もどる
もっともどる