【ふ】
無愛想な 1
無愛想な 2
無愛想な 3
不安から手をもみ合わせる。
不安におののく
不安にさせる 1
不安にさせる 2
不安になる(とてもー) 
不安に負ける
吹聴する
ふいになる
不意を襲う
富貴に生まれている 
封じ込めておく(インフレを)
封じ込める
風俗習慣
風潮である
風の(第三共和国ー)
夫婦となる 
不運続き
フェアでない振るまい
フェア−ではない
殖える
深い静寂
不快である
不快な思いをする
不快な事に決着をつける
不快の念(が広がる)
不快の念を持つ
不可解である
不可解なもの
付加価値
深く悲しめる
深く考えずにしゃべる
深く気持ちが通じている
不可抗力
深鍋
不可能なことである
不可能なことを約束する
不可の成績
不可をとる
不機嫌である 
吹き込む
吹き込む(耳に入れる)
吹き込む (つまらない考えをー)
不吉なことを言う 1
不吉なことを言う 2
不吉な前兆を示す 1
不吉な前兆を示す 2
不吉な話
不気味な
不興をこうむる 
武器をすてよ
服役中である
複合したもの
副収入(を得る)
覆水盆に返らず 
腹蔵なく
不倶戴天の敵
ぶくぶく太る
含める
袋小路に入りこむ
袋叩きにする
腹話術師
耽る
不幸である
不幸中の幸い
不幸な星の下
ふさぎ込む
ふざけてーする
ふさわしい 1
ふさわしい 2
ふさわしい 3
ふさわしい 4
ふさわしい人間
節穴である
不思議な国のアリス
不思議ではない
不思議なことではない(それはー) 
ふしだらな娘(古い観念によるー)
不死鳥のごとく
無事に切り抜ける
無事逃れる
不充分である
無精ひげ
侮辱された
侮辱する 1
侮辱する 2
侮辱する 3
不親切な
不信の念を抱いている 
不正な事をする
不正な手段で
布石を打つ
防ぐ
付属品をつけた(すべてのー)
不遜にもーする
舞台裏で(比ゆ的にも)
不確かな領域に入る
豚に真珠
二股をかける
二人きりで
二人で 
負担になっている 
負担を背負う
ぶち壊す(不器用さでー) 
ぶちのめす
普通の娘 
復活する(望ましからざるものがー)
二日酔いで頭痛がする
ぶつける(頭を石にー)
ぶっ壊れる
物心両面から(助ける)
沸点に達する
不釣合いの関係
不適材不適所
不適当である
筆をとる
太いコネ
不当な仕打ちをする
不動の
懐が暖かい
懐を肥やす 
ふとした事で手に入れる
太る 1
太る 2
太る(はちきれるほどー)
不必要である(質問は)
不評を買う
不文律
不満を引き起こす
不満をぶちまける 1
不満をぶちまける 2
不満をぶちまける 3
踏み倒す(飲食代をー)
踏み出す(決定的一歩をー)
踏み慣らされた道
踏みにじる
不愉快にさせる 
不要な話はするな
ブラックホール
ブラブラしている(何もしないでー)
降りかかる
振り子 1
振り子 2
フリードリッヒ大王
不利な状況に陥る
不利に(ある人にー)
不利をこうむる 
振り回す
不良少年のように
武力で
ふりをする(どうでも良い)
ふりをする(寝ている)
ふりをする(病気の)
古い(時代の) 
古い殻を脱ぎ捨てる
古い話 
古いもの
古いものから新しいものを
古傷を暴く
古き良き状態
古強者 
古びている
ぶるぶる震える
振る舞う(のように)
無礼御免
プレッシャーを感じる
プレーボーイ 
不老泉(神話)
不和
不和のりんご
付和雷同する
文学青年気取り
文章力
分相応に
分相応に暮らす
ふんだんに
ふんだんに使える
ぶん殴る
分不相応の結婚をする
分別がある 
分別がない
分別もなく(何のー)
分別を失っている
分別を失わせる